マイクロソフトへの投資が成功する理由

マイクロソフト
Wedbushのアナリスト、ダニエル・アイブスによると、Microsoftのクラウドの勢いは、"レドモンドの成長の次のギアに入っている "という。このため、同氏は「買い」の評価と300ドルの目標株価をそのまま維持した。

ウォールストリートの他のアナリストは、100%強気で、23件の「買い」評価を付けています。

アイブズは、世界のクラウド支出は今後10年間で1兆ドル近くに達すると予想しており、"AWS/MSFTがこの黄金のクラウド・パイをめぐって争う中、次世代プラットフォーム/インフラがこのIT変革を促進する "と述べています。

最近の3月期のフィールドチェックに基づき、アイブズは「クラウドの軍拡競争の流れが変わってきており、最近Azureが50%成長したマイクロソフトがAWS(今期は前年比28%成長)に対して市場シェアを獲得している」と主張しています。これを受けてアイブズは、Azureのクラウドの勢いは、その大規模なインストールベースの中ではまだ初期段階にあり、コンシューマー向けとエンタープライズ向けの両方のOffice 365への移行が「今後数年間の成長の追い風になる」と結論づけています。

"このようにITの最優先事項を前面に打ち出していることから、これらのクラウド導入の85%~90%はすでにCIOによって許可されており、2021年に向けて健全なクラウド予算が組まれていると考えられ、レドモンドはこのクラウドの軍拡競争においてAWSに対してより多くの市場シェアを獲得するために確固たる地位を築いています。とはいえ、この先の12~18ヵ月間は重要な時期になるでしょう。というのも、ハイテク業界の巨頭であるベゾスがもはや中心ではなくなった今、市場や業界はAWSの成功とそのクラウドへの野望対マイクロソフトの動向に注目しているからです」とアイブは説明します。

このことを念頭に置きながら、クラウドへの移行が世界的に始まっていることを踏まえ、アイブズは投資家に向けて、「ナデラとその共同経営者は、クラウドのバックボーンと動脈としてのAzure/Office 365をさらに展開するために、中核となるエンタープライズバックヤードで非常に有利な立場にあるため、これはレドモンドのクラウドの旗手に不釣り合いな利益をもたらします」と述べています。

アイブスは、成功率69%、平均リターン33.3%で、成績優秀なアナリストのトップ100に入っています。

フェンスを越えて印象的なスタートを切った

チェルトナムで開催された11月の最終日、クリス・ナッシュの記事によると、2マイルチェイスがいくつか行われた。

まず最初に行われたのは、グレード2のレーシング・ポスト・アークルトライアルの初心者たち。ポストに行ったのは5頭だけでしたが、そのうち3頭はグレード1のハードル勝ち馬で、他の2頭は今シーズンのノビスチェイスですでに勝っていたので、強い戦いになりそうでした。そして、見事な勝利を収めたのがラロール Lalor。彼は4月にエイントリーで行われたグレード1のトップノビスハードルを勝っており、ハードルの評価は149だった。最初は、このグレード2を勝った時の彼の成績がそれよりも高いと言うのには抵抗があったが、彼のハードルの成績を調べ、同僚のデイブ・ディッキンソンと相談した結果、彼のエイントリーの成績は151という数字になると判断し、このレースの評価にはこの数字を使った。

ダイナマイト・ドラーズは7馬身差の2着につけていたが、このレースではそれより少し下の146というレース前のマークを維持していた。 このレースは少頭数で行われることが多いので、過去の比較は誤解を招くかもしれませんが、参考までに過去5回の更新では146の勝ち馬の平均値と147の勝ち馬の標準値が出ています。私は当初は明らかにそれよりも高くなっていますが、それはこのコンテストの強さに対する私の信頼を反映しています。

グレード2のシュロアー・チェイスもこのカードで行われ、昨シーズンの有力馬の一頭であったスコー・ロワイヤルが勝利を収めました。昨シーズンはノビスシーズンが終わってしまったので、主要なフェスティバルで彼を見ることは出来ませんでしたが、年末の評価は159で、2マイルのノビスチェイスではフットパッド(166)に次ぐ166で、この馬の活躍を見ることが出来ました。

スコー・ロイヤルは柵に強いジャンパーで、坂路ではこれを見切ってシンプリー・ネッドに2馬身4分の1馬身差をつけて勝利した。 シュロアーは2015年からグレード2として出走しているので、歴史的な比較は限られています。これらの更新では平均勝ち馬の数字は167、この勝ち馬の標準的な数字は165となっています。 しかし、このレースはシンプリーネッドの近さのために評価を下げることにしました。シンプリーネッドは素晴らしい馬ですが、キャリアハイの161(直近では2015年10月)と直近のベスト158(昨年12月にスチュワードの部屋でアイルランドのグレード1を獲得した時)があり、このフォームには限界があるように見えます。彼はスコーロイヤルに3ポンドを与えたので、このレースでも似たような成績を残していて、私は2頭とも158という数字で出走しています。

スコーロイヤルはレース前の159のマークを維持しているので、今回の出走に向けて改善する可能性は十分にありますが、アルティオールがこの部門のレベルを175という高尚なレーティングで設定していることを考えると、彼はそうしなければならないでしょう。

マイルの有力馬の次の寄港地は12月8日にサンダウンで行われるグレード1のベトフェア・ティングル・クリーク Betfair Tingle Creek で、初心者にはランドックス・ヘルス・ヘンリー8世チェイスのグレード1のレースもある。

実力とオッズに正当性があるか理解する

ヌンソープはバッタッシュのキャリアベストと評価しなければならないでしょう。去年グッドウッドのキングジョージステークスでゴールした後、私は当初127と評価していたのだが、その時はうまくいかず、その後125に戻してしまった。海外の同僚たちはあまり感心しておらず、昨シーズンの終わりには123に戻していました。ヌンソープの初期評価を見てみると、大多数の同僚はバッタッシュに私ほどの評価を与えたくないようで、121から127までの数字しか出ていない。年末にレーティングが承認された時にどうなるか見てみたいと思いますが、これ以上の印象的な5Fのパフォーマンスを見るのに苦労すると思います。

この馬は今世紀のヌンソープ賞で最高評価を得た馬で、それまでは2000年に124という数字を出したニュークリア・ディベートが持っていた栄誉です。最近では2016年の更新でメッカズ・エンジェルは121という数字が与えられましたが、これは牡馬の124に相当する3ポンドの賞金を得た牝馬としての評価です。

彼の努力をどう見ても、金曜日のバッタッシュの活躍を否定することはできません。今シーズンの国内成績では、127という数字はエネイブル(128)に次ぐ数字で、クリスタルオーシャン(128)と同レベルの成績となる。

バタッシュは既に種牡馬なので、今後もしばらくの間、バタッシュの活躍を見ることができるだろう。次はアイルランドチャンピオンズウィークエンドのグループ1のデリンズタウン・フライング・ファイブ(Derrinstown Flying Five)に出走し、その後はパリのアバイエ(Abbaye)に出走することになるだろう。コネクションによると、ブリーダーズカップにも出走する可能性があるという。